FC2ブログ

== 食べ物や飲み物 ==

幸せ鮭の親子丼

s-ikuradon.jpg
そろそろ月末なのですが。新年あけましておめでとうございます。
ある日独り占めして食べた、鮭の親子丼。
夫はナマモノそれほど好きじゃないし、いくらはむしろ食べたくないそうなので、遠慮なく一人で食べました。
う~ん、贅沢!
鮭は、塩と砂糖に30時間くらい漬けた(しめた?)、グラブラックスという北欧だかの食べ物で、白ワインにとても合うおつまみ。
冬休み期間に自分用に作って冷凍しておきました。
イクラは、夫の友達が冷凍のイクラをもらったから分けてあげるというので、そのおつまみ用の鮭と物々交換で。
適当に作ったタレに漬けて。(しょうゆ、メープルシロップ、白ワイン、水)
イクラなんて何年ぶりだろう!?めーーーっちゃおいしかったです。
やっぱり魚介類が好きです、テンションあがります。

さて、年が明けて、ちょっとだけお勉強を始めました。
今まで感で使ってきたワード、エクセルをやり直してみよう、と思って、初心者用のマイクロソフト・オフィスの本を買って。
そしたら、ワードとエクセルは、ほとんどすべて知ってることだったんですよ・・・そっか、私は初心者ではないのか!と、ちょっと自信が持てました。
パワーポイントの章もあったので、使ったことなかったから勉強してみたら・・・おぉ!できる、簡単!ってなって。
調子こいて、アクセスの章もある、使ったことないから勉強してみよう・・・はぁん!???さっぱり分からん、え?何?となって、一行を2回も3回も読む。(でも分からない)

なんじゃこりゃ。
まぁアクセスなんて知らなくても生きていけるしぃ~・・・今まで生きて来たしぃ~・・・必要かなぁ、必要じゃないよね?なんて、ダメな自分が脳内で囁き出したのですが、ふとこんな記事を読んだことを思い出しました。
中学だか高校だかの生徒が、数学の先生だったかな?に
「こんなこと覚えたって、将来何の役に立つんですか?」みたいなことを言ったら、先生は
「そういう奴は、これを使わない仕事に就くだけの人生だ」みたいなことを言って。

アクセスは、今学ぶことを辞めてしまったら、アクセスを使う仕事のチャンスを全部消してしまうことになる。
それが、ほんのちょっと知識があればいい程度のレベルでも。
だから頑張ろう。身に付けたことは、自信に繋がるだろうから。
そうして自分を奮い立たし、ネットで検索して、日本語で解説した物をいくつか読み、英語の本を読みなおし、今やっとアクセスの概要をつかんできたところです。
中年の脳には新しいことは厳しいな、と痛感しているところです(笑)が、ゆっくりと前進はしていると、思います。
スポンサーサイト



┗ Comment:1 ━ Trackback:0 ━ 03:33:14 ━ Page top ━…‥・

== 手作り雑貨 ==

フェルトのクリスマス・ビレッジ

felthouse1small.jpg
毎年クリスマス時期に出してきて飾る、手作りのフェルトのおうち。
作った時にブログに載せたなーという記憶があったので、過去記事を探ってみたら出てきました、何と12年も前のことでした。
まだ夫と出会う前に一人暮らしを堪能していた頃です。
この教会風の建物と、もう一つシンプルなおうちを作って、毎年飾っては「またいつか作ろう」と思って年月が過ぎ。早12年。

small house1 small
やっと新しいおうちを作りました。
シリアルの箱なんかで土台となるおうちを組み立てて、そこにフェルトを貼り付けます。
写真だとアップで撮るのでサイズ感が出ませんが、このおうちのサイズは底辺が3cm×4cmみたいな感じ。
窓枠とか、2mm幅で切るので、途中で切れたり。(でもうまく貼っちゃえば分かりません)
ちまちま作業をしていたら、クラフト好きな娘と夫も作りたいと言い出しました。

small house2 small
夫作の郵便局は、私のおうちより2倍くらい大きくて底辺が4cm×8cmくらいなんですけど、窓枠を細く切ることに失敗してイライラし出して、だいぶ私が手伝いました(笑)
POST OFFICEの文字も刺繍してあげました。
サイドの丸窓も私がやったなぁ。
二人で完成させたってことで。楽しかったです。

ピンクの玄関ドアのおうちは、娘デザイン。
6歳の娘にはかなりハードルが高い作業だったので、彼女がデザイン案を出し、それを私が形にしていきました。
私は色を抑えたおうちたちを考えていたので、どピンクのドアのチョイスには驚いたのですが、めっちゃかわいいじゃないですかー!
ドア上のリースの案も、煙突の案も、私にはなかった発想。
完成したら、郵便局と娘のおうちが一番に目を惹く仕上がりになりました。
small house 3 small
私はせいぜい、青いドアにして頑張って色を足した方だわ。
雪国のおうちっぽくできたかな、と満足しています。
来年からも、またクリスマス前に出して飾るのが楽しみ。
┗ Comment:2 ━ Trackback:0 ━ 14:20:01 ━ Page top ━…‥・

== カナダ生活 ==

クリスマス・パーティー

smallparty1.jpg
11月末に、「一緒に住む家族以外とは、屋内で会ってはいけない」という規制が出ました。(子供らは学校には行っています。)
毎年この時期には、会社のクリスマス会、会社が主催してくれる子供のクリスマス会、学校での発表会、等色々ありますが、今年はすべて無し。
なので、今年は特別に!おうちでクリスマス・パーティ!家族3人だけで!私は昼からワイン!(笑)
食べ物は買ってきたものを温めただけです。

smallparty2.jpg
娘の提案で、謎の“クリスマス・バレーボール”、、、他に、紙製のパーティめがねをかけて写真撮ったり、ダンスしたり、要は娘と遊ぶ日だったわけです。

コロナの規制がここまで厳しくなるのも感染状況を考えたら当然だと思っていますが、私は負けず嫌いなところがあって、「こんなに規制があったら楽しいことが何もできない!人権侵害だ!規制なんか無視して友達と遊んでやる!」ではなくて、「こんなに規制が厳しくたって、守ってる範囲でこんなに遊べるもんね、どや!文句ないよね!」と、なります(笑)。
今の規制は年明けまで続くことが発表されました。ということは、近くに住む夫の両親とのクリスマスも、会ってはできないということです。
それは非常に残念ですが、プレゼントを開けるときはビデオチャットでライブ中継しようということにしました。
会うのを我慢するのも、今年だけです。来年のクリスマスやお正月には、また家族で会ってお祝いできるでしょう。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 03:26:27 ━ Page top ━…‥・

== カナダ生活 ==

サンクスギビング・デーと、クリスマス準備

IMG_4542 small
アメリカでは今週がサンクスギビング・デーですね、カナダのそれは、10月の第二週です。
私たちもやはり、家族で集まって夕食を食べるのが常なのですが、今年はコロナ感染が拡大していることもあり、こじんまりと自分たちだけでした。
アメリカではサンクスギビング・デーは家族親戚が集まってクリスマス並みのお祝いをするらしく、、、コロナ規制が緩いと思えてしまうので、どうなるでしょうか。
カナダもロックダウンをしている地域があります。私が住む州も、時間の問題と思えます。
今は、一緒に住む家族以外とは集まってはいけないという規制が出されたばかり。

コロナ禍の近況はこれくらいで・・・写真は家族3人で食べたサンクスギビング・デーの夕食。
豚ヒレを焼いたの(ソースははちみつ醤油だったかな、そんなようなの)と、右にあるのはヤム(ちょっと水っぽいさつまいもみたいな芋)に砂糖とスパイスをまぶして焼いて、その上にマシュマロを載せて焼き色をつけたっていうもの。
これ初めて作ったんですけど、おいしかった~。
味の方向性としては、シナモンなどのスパイスがかかった大学芋?(笑)
マシュマロがいい仕事しました!

small cookie
11月半ばを過ぎると、クリスマスの飾りを出したりプレゼントを用意しだしたりと、準備を始めます。
クッキー作りも準備の一つ。
娘と一緒にクッキーを焼き、私がアイシングを塗っておいて、それをみんなでデコレーション。
娘のクッキーは飾りがいっぱい!
たくさん作って冷凍しておいて、親戚や友達に配ります。
プレゼントもそうですが、こうした準備を11月中にやってしまえば、12月はのんびりとクリスマスの雰囲気を楽しめます。
先週私から娘へのプレゼントが用意できたので、ラッピングしてツリーの下に置いておきました。
そしたら娘は楽しみ過ぎるらしく、何が入っているのか教えてくれとしつこく聞いてきて、ついには
「そうだ!クリスマスの練習をしよう!まずプレゼントを開けるの」
などという彼女なりの知恵を絞った案を出してきて、思わず大笑いしてしまいました。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 03:28:02 ━ Page top ━…‥・

== カナダ生活 ==

ハロウィン2020

IMG_4665s.jpg
今年はコロナ禍でのハロウィン。
「パーティはしないこと。トリック・オア・トリートは、距離を取って、キャンディも渡す側は工夫して」と州政府の呼びかけがありました。
感染者が爆発したカナダ東部では、10月いっぱいロックダウン中ということもあって、トリック・オア・トリートは禁止、一緒に住む家族の中だけで楽しむように、言われていました。

うちは、段ボールで作った流しそうめん方式でキャンディをあげることに(笑)。
私たちの近所は道路の形が回りやすい形になっているので子供たちに人気で、毎年200人くらいの子供が来ます。
今年は、せいぜい50人くらいでした。キャンディめっちゃ余った・・・
トリック・オア・トリートの代わりに、親がキャンディの詰め合わせを用意して、家庭内で楽しんだという方が多かったようです。

私は娘と一緒にマスクをして、近所を回ってみました。
キャンディをあげているほとんどのおうちで、私たちのように距離を取る工夫をしていました。
限られた中で、工夫をしてこうして楽しめる。
そういうことって、たくさんあると思うんです。

我が家の今年のテーマはハリー・ポッター。
娘はハーマイオニー(ロン毛のかつらかぶってました)、私はハリー、夫はマッドアイ・ムーディーです。
娘がハリポタにはまっていて、というか、私がハリポタ大好きなので、娘にもはまってもらったようなものですが。
今年からコスチュームを着て学校に行って良いことになり、前日の金曜日にハーマイオニーの恰好で行ったら、全校生徒(300人くらいかな?)のうち3,4人がハリー・ポッターでした。
映画シリーズが終わってずいぶん経ってますけど、まだまだ人気ですね。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 07:11:30 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old