== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== ファイヤー・キング ==

ガレージセール巡り

fk2.jpg

今週末はいたるところでガレージセールが催されていたので、10件ほど回った。
またファイヤー・キングに出会えたらいいな~とか思って。

出会ったよ、運命だなこりゃ!
大きな(直径8インチ:21センチ)オーブン皿。
多少使用感があるものの、縁は全然かけていないし、非常に良い状態と言える。
スープボールほどの大きさの、取っ手の付いたキャセロールというやつは、ほぼ新品のような状態なのに激安だったので、手に取って裏の刻印を確かめた瞬間、心の中でガッツポーズをした!
これ欲しかったよー日本で買ったら2000円くらいだよ。
アンティークって知らずに安い値段付けて売っちゃってる人をSleeperなどと言うらしいのだけども、この町にはまだまだ眠った人たちがたくさん居そうだな。
「E-bayのオークションに出したらすごく高く売れますよ」とか言いたくなったけど、じゃぁってその場で値段上げられても嫌だったので、黙っといた。

その他の収穫は、写真で右の方に写っている新品のグラス5個が全部で2ドル(200円)。
お天気も最高に良かったし、ほくほくな日曜だった。
スポンサーサイト
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:24:52 ━ Page top ━…‥・

== 手作り雑貨 ==

レシピ・ボックス

rbox.jpg

こんなん作って、昨日の判子押してみマシタ。
作ったといっても小さな木箱をペイントしただけ。
あぁぁぁぁ楽しいぃぃぃぃぃ。
┗ Comment:2 ━ Trackback:0 ━ 14:55:15 ━ Page top ━…‥・

== 手作り雑貨 ==

牛のゴム判

stamp1.jpg

久しぶりに消しゴムで判子を作った。
30分くらいでできあがる。簡単。
不恰好でも、インクをつけて紙に押してみると、かわいく見えるから不思議なもんだ。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:40:03 ━ Page top ━…‥・

== 食べ物や飲み物 ==

Haystacks(ヘイスタックス)

haystacks.jpg

簡単に作れるチョコ菓子の「ヘイスタックス」です。
Hay(ヘイ)が干し草で、Stacks(スタックス)はそれが山積みにしてまとめてあるってことで、お菓子の形がちょうどそれに見えるってわけね。

そこの人「・・・馬糞?」とか言うなコラ!!

作り方は、適当な馬にアーモンドとココナッツを食べさせて・・・
間違えた。
スライス・アーモンドとココナッツを別々に軽くローストして、冷ます。
ドライ・クランベリーをざくざくと刻む。
溶かしたチョコレートに全部をぶち込み、良く混ぜて、クッキング・シートの上に形を整えながら乗せていく。
冷蔵庫で冷やし固めてできあがり!

ファイヤー・キングのサラダプレートに乗せてみた。
あぁ、すっかりはまってしまったよ、ファイヤー・キングのミルクグラス食器。
でも高いお金出して買い集めるなんて悔しいから、できるだけそれはしないぞ。
このお皿は、バリュー・ビレッジ(セカンドハンド・ショップ)でとても安かったから、買った。
部分的に少しくすみがあったりナイフの傷があるんだけども、縁取りの金色もだいぶ剥げちゃってるんだけども、ほんのり透ける優しい色合いにどうにも虜になっちゃった。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:30:04 ━ Page top ━…‥・

== カナダ生活 ==

電化製品と緑・・・3

phone.jpg

電話の親機と植物ひとつ。
この植物何て言ったかな、ワイヤープランツかな。
台にしているのはシャンパンの木箱で、酒屋で$5(500円)で買ってきた。
木箱は本来売り物ではないが、この売上金はチャリティーに行くよという張り紙があって、
「何のチャリティーですか」
と尋ねてみたところ、
「えーと・・・確かまだどこのチャリティーにいくかは決まってないって聞いた」
と、ぬかしおった。
あれかね、君たちのボーリング大会代とかかね?
ワインなどの木箱は普通に買うと案外高いし、何だか意外にも木っていうものが高い気がする。
日本だとすのこが100円ショップで買えるとか聞くけど、それカナダだったら1000円くらいしそう。
それでかどうか、このワインの木箱5ドルっていうのがその酒屋で大人気になったらしく、シャンパンの木箱を買って以来、買うことができずにいる。
朝一で売れちゃうんだってさ。
新聞入れ用に、もう一つ欲しいところ。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:22:19 ━ Page top ━…‥・

== ファイヤー・キング ==

FKがうちに来た

fk1.jpg

大変だ・・・予期せぬことが・・・!
知る人ぞ知るであろう『FK』が、うちに来た。

それは、夏時間に突入したことを午後まで知らなかったあっぱっぱな私の日曜(今日)のできごとです。
お天気はイマイチながら、4月ということでガレージセールがぽつぽつと始まった。
セールに並ぶアイテムは様々で、「もう捨てたら・・・」と言いたくなるガラクタ(はっきり言ってゴミ)なものから、買い換えたので手放したいという、状態の良い家具や電化製品まで色々。
状態の良いものはセールが始まって1,2時間で消えていく。

特に探しているものもない私は、何も見つからないだろうという気持ちでガレージセールに行く。
期待もしないし探し物もないので、手ぶらで帰ってくることもしばしば。
さて、今日もそんな気持ちで行ってみると、「二日目だから半額」という看板がかかっていた。
そうか、そうですか。
キッチン用品が並ぶテーブルを物色中、突然目に止まったものが。
透明なガラスの小さいボール、を手に取り、何気なくひっくり返してロゴを見た。
『ANCHOR HOCKING FIRE KING』
・ ・・あれ?これはファイヤー・キングじゃないか?
何かちょっとどきどきしながら、物色を続けた。
すると、ころんと一つのミルク色のラメキンが置いてある。
おぉおぉぉ!?まさかこれもひょっとしてファイヤー・キング!??
手に取ってひっくり返してロゴを見る・・・ファイヤー・キング!!!
実物初めてみたー!

私も1年前まで知らなかったこの『ファイヤー・キング』とは、アメリカのアンカー・ホッキング社が1940年代~1970年代に製造・販売した耐熱ガラスのブランド名で、今では製造されていないので“アンティーク”として収集されるものらしい。
主に食器が作られ、他にもジュエリー・ボックスなどの雑貨も作っていた。
ミルクグラスと呼ばれる乳白色のガラスでできた食器は、白の他にアイボリー、ジェダイト(緑)、ターコイズブルーなど色々あって、プリントが入ったものなど、数はたくさんあるので、アンティークといっても比較的手に入りやすいと思う。
ガラスとあって、乳白色でも光を透かしていてきれい。
2000年に『ファイヤー・キング2000』という刻印でガラスのボールを出したらしく、そちらはごく最近なこともあって、価値はそれほどでもないとのこと。

さて今回私が出会ってしまったファイヤー・キングの食器2つの値段は・・・
日本のファイヤー・キング専門店のサイトやヤフー・オークションで見たところ、白いラメキンは一つ800円くらいから。
透明なボールの方もそれくらい。
そして、私が実際に支払った金額は・・・!
白いラメキン:13セント(13円)
透明なボール:5セント(5円)
目を疑うと思うけど、合計18セント(18円)でした。うぉ!!
売ってた人、ファイヤー・キングのこと知らなかったのね、きっと。
収集価値が高い“未使用状態”ではないものの、いくら何でもこれ二つで18円は、有り得ない。
ありがたく使わせていただこう。

写真左後ろにあるガラス瓶は、ピーナッツスナックを製造しているPlantersの75周年記念の瓶で、1981年製。
これもちょっとしたアンティーク?
ロゴが入った瓶に目がないって、以前も書いた気がするけど、こういうの飛びついてしまう。
フタまでガラスで、そこにもロゴが入ってるから、もう床にごろごろしたいくらいツボった。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:16:53 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。