== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 食べ物や飲み物 ==

ビーフ・ディップ

beefdip.jpg

牛肉の塊を、ぶつ切りの野菜(玉ねぎ、にんじん、西洋ねぎあたり)やドライ・ハーブ(タイムやローリエ)と共に鍋に入れ、水をたっぷり注いで、火にかけます。
ことこと煮ること6時間。
柔らかくなった牛肉を取り出し、ほぐしてパンに挟んで、先日のバジルのペストをかけます(写真はちょっとかけすぎた)。
このサンドウィッチを、お肉を煮た煮汁に浸しながら食べます。
お~いし~~~い♪
パンはバゲットのような歯ごたえのあるものが、煮汁に浸しても崩れないので、むいています。
ビーフ・ディップと呼ばれるサンドウィッチ。

バジルってものすごくお水が必要なんですね。
水やりを一日忘れてしまったらくた~んとなってしまって、慌てて水をあげたら、500mlくらいの鉢なのに、お水500mlくらい吸うんですよ。
ノドからからの人みたい。
スポンサーサイト
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:14:31 ━ Page top ━…‥・

== 食べ物や飲み物 ==

鶏肉とバジル・ペスト

basilchkn.jpg

バジル週間!
新鮮な食材があると、料理する気も湧きます。

鶏肉にペストを塗ってホイルでぴっちり包んで、火を通しました。
ペストは、フレッシュバジルをたくさん使うので、鉢植えの半分以上が禿げになってしまうという悲しい見た目に・・・
でもこれをサンドウィッチのパンにちょっとつけたり、パスタのソースにしたり、色々使えます。
フレッシュ・バジル、松の実、にんにく、パルメザンチーズ、オリーブオイルをフードプロセッサーでが~っとやってできあがり。
今日はこれを、平たくしたモモ肉に塗って、くるくる巻きました。
だからちょっと渦巻いてます。
自画自賛になりますが、とってもおいしかった!
ガツガツと5分ぐらいで晩御飯を平らげてしまいました。
ホイルを開けたときに中に鶏肉から出た肉汁がたくさんあったので、これも取っておいて、お肉をひたしながら食べようかなと思っていたら、お肉はそのままで十分ジューシーだったので、ご飯にちょろっとかけてみたり。
これまたおいしい!
簡単にできるので、また作れそうです。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:29:18 ━ Page top ━…‥・

== カナダ生活 ==

フレッシュ☆バジル

basil.jpg

(何だか痛々しいタイトルだ・・・)
食料品の買出しに行ったら、野菜コーナーに鉢植えのバジルが!
それがたったの2ドル(200円くらい)の激安。
今日の晩御飯のサラダは、トマトとボッコンチーニ(チーズ)とフレッシュ・バジルに決めてレジに並ぶと、前にいるおばあちゃんも同じ鉢植えのバジルを一鉢買っていました。
私とおばあちゃんは、お互いのバジルを見て、にっこり。
すると途端におばあちゃんがしゃべりだしました。
「この卵、大きいでしょう?
この間ねー誰々さんが卵はルースター(雄鶏)が産むんだよねって言うからそりゃないでしょヘン(雌鶏)が産むのよって言ったのよ。ヘン(雌鶏)よねぇ~?おほほほほ」
まぁ適当に「そうですね、ヘンが産むんですよね」と返したんですが。
穏やかな午後でした。

バジルの外側についていたフィルムを取ったら、わさっと広がりました。
一週間くらい、バジル料理づくしになりそうな量です♪
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:30:11 ━ Page top ━…‥・

== アンティーク雑貨 ==

アンティークの鉄道地図

map1.jpg

鉄道地図なのに車と車のナンバー・プレートと合わせるのはどうなのよ。
と、いきなり自分に突っ込み。

この地図はRailway Mail Serviceの地図、つまり鉄道で郵便物を郵送していた時代のものです。
紙は少し茶色くなってきていますが、100年経っているのにかなりきれいです。
きっとどこかに埋もれたまま、使われずに100年経ってしまったんでしょう。
写っているのはアメリカのオハイオ州あたり。
昔一緒に仕事をしていたカナダ人の男の子が、日本語でGood morningは何ていうの?と聞いてきたので“おはよう”だよと教えると、
「えぇ!?オハイオ!!簡単だねーオハイオ!オハイオ!」
と、とってもうれしそうに言っていました。
もちろん次の日から出勤してきたら「オハイオ!」と言っていました。
確かに、オハイオって早口で言うとおはように聞こえるし、
おはようって早口で言うとオハイオに聞こえます。
ね?
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:26:00 ━ Page top ━…‥・

== アンティーク雑貨 ==

雑誌の中身

oldnewcar.jpg

この間のサタデー・イブニング・ポストの、車特集(1976年)の中身。
76年当時の“新車”紹介ページです。
車の角が丸っこくなってきたのは、いつ頃からだったでしょうか。
角張ったデザインは、それだけでもうクラシックな雰囲気が漂います。

夏になると、コンバーチブルのもっと古いクラシック・カーが走り出します。
今年も路上でたくさんの素敵なクラシック・カーとすれ違って、思わず目を奪われて運転がおろそかに・・・
形も色もかわいくて、そんな車におじいちゃんおばあちゃんが仲良く乗っているのを見ると、あんな老後を送りたい!と憧れるのでした。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:20:07 ━ Page top ━…‥・

== アンティーク雑貨 ==

楽譜の中身

bach-amoll.jpg

今日の仕事場でのちょっとした出来事です。
オーナー(フランス人)はそろそろ60歳が見えてきた、初老な方ですが、耳が遠い以前に人の話を聞きません。
オーナー「あれ、どこにあるかな、ほらあれ」(手でジェスチャー)
私「ゼスターのこと?さっきスーザンが使ってたから、スーザンに聞いてください」
オーナー「ほら、レモンの皮をこーやるのに使うやつ、君持ってるだろ」
私「ゼスターね。だから、スーザンが使ってましたから。スーザン」
オーナー「君、持ってるんだろ?」
私「(脳内でプチ切れつつ)だから、スーザンに聞いてください。スーザン、スーザン、スーーザーーンーー」
一瞬昨日のおばあちゃんかと思ったよもう!

写真は、昨日のバッハのバイオリン楽譜の中身。
バイオリンとピアノのコンチェルト、ホ短調です。
バイオリン難しそうです・・・途中からキコキコキコキコが続きます。
何かド素人くさい表現で、アホみたい。
何ですか、16分音符だっけ(やばい・・・忘れた!?)が、続くんですよ。(汗汗)
もうこれ以上言うまい・・・
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:06:58 ━ Page top ━…‥・

== アンティーク雑貨 ==

アンティーク楽譜

bach.jpg

棚が今にも崩れそうなアンティーク・ショップに行きました。
店主のおばあちゃんは80歳近くで、耳が遠くて質問するのに苦労しました。
おばあちゃん「あなた、日本から来たのー?これ、このカップ&ソーサーはね、手でペイントされた日本のものよ」
私「へ~すごいですね。きれい」
おばあちゃん「何か質問ある?」
私「地図を探してるんですけど、これいくらですか?」
おばあちゃん「この間ね、奥さんが日本人で旦那さんがカナダ人のカップルが、これと似たカップ&ソーサーを買っていったのよ」
私「へぇ・・・この地図いくらですか?」
おばあちゃん「最近はアンティーク・ショップを閉める人が多くてね・・・私も閉めるの」
私「えぇ!?閉めちゃうの?いつ?」
おばあちゃん「このタペストリーはどう?これも日本のよ」

あんた聞いてないじゃん全然。みたいな。
頑張って大きい声でしゃべったのにぃぃぃ。

更には、お会計の時に
おばあちゃん「これがいくらで、こっちがいくらいくら・・・合計●8ドルです」
私「あの・・・10ドル間違ってますよ。10ドル高いよ、それじゃ」
おばあちゃん「これがいくらなの、で、こっちはいくらいくらなの」
私「だから、合計○8ドルになるんですけど」
おばあちゃん「これがいくらでね、こっちがね、いくらいくらなの」

聞いてないじゃん。
計算間違ってるんだってばー。
5回くらい説明して、やっと分かってくれました。

そんなアンティーク・ショップで掘り出したのは、ちょうど100年経った地図や楽譜です。
ピアノ伴奏付きのバイオリンの楽譜は・・・バッハ!
ドイツで印刷され、イギリスで売られたものが、カナダの東側に渡り、今は西側にきました。
ずいぶん旅した楽譜です。
そのうち、地球を一周するかもしれない。
┗ Comment:2 ━ Trackback:0 ━ 18:18:20 ━ Page top ━…‥・

== アンティーク雑貨 ==

ミュージック・アワー

musicbook1.jpg

カナダの小学校低学年用の、歌の本、1938年。
約70年前か~~~。
簡単そうな歌が、たくさん載っています。
表紙も素敵だし、時々入っている挿絵も、とってもかわいい!
昔の低学年のおちびちゃんたちは、この本を見て歌を歌ったんだな、と考えていたら、その歌声を聴きたくなってきました。
どんな歌声だったんだろう。
今の子供と変わらないのかなぁ?
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:22:11 ━ Page top ━…‥・

== パイレックス ==

スノー・フレークのキャセロール

fk14.jpg

パイレックスも、ファイヤー・キングと並んで人気の、50~70年代くらいのミルクグラス・シリーズです。
コーニング社から出ていました。
(パイレックスは、現在は透明の耐熱ガラス食器のシリーズになっています。昔のと今のと区別して呼ぶのに、ミルクグラス時代のものをオールド・パイレックスと呼びます)
Pyrex(パイレックス)という名前は造語だそうで、Pyが“炎”を意味し、Rexが“王”・・・あれ、ちょっと待ってよ、英語にしたら“Fire”と“King”!?
何か聞いたことありますねー(笑)

写真のは、オールド・パイレックスのキャセロール。
スノー・フレーク模様が並んだとってもかわいいシリーズです。
このシリーズでボールやマグ、テーブル小物をそろえたら、キッチンにいるのが更に楽しくなりそう♪
私は料理は上手くないのですが、キッチンという空間がやたら好きで、一日中そこに居ろと言われたら喜んでそうします。
家の中で一番落ち着く場所かな。
┗ Comment:4 ━ Trackback:1 ━ 18:37:37 ━ Page top ━…‥・

== アンティーク雑貨 ==

サタデー・イブニング・ポスト

s-e-post.jpg

サタデー・イブニング・ポストというアメリカの昔の週刊誌。
ノーマン・ロックウェルなどのイラストレーターが表紙を描いていました。
これは1976年の『車特集』で、それにちなんだイラストをロックウェルが描いたんですね。
見たことあるでしょう、このイラスト。
記事に出てくる車はもちろん、今でいうクラシック・カーです!

2冊目に写っている表紙はジョージ・ヒューズというイラストレーターの絵(こちらは1955年)ですが、この人もロックウェルのように、日常のひとコマを切り取ったようなイラストで、見ていてほほえましくなります。
こんな素敵な表紙が毎週発売されていたなんて、私だったら毎週買わずにはいられなかったかもしれない。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:04:45 ━ Page top ━…‥・

== アンティーク雑貨 ==

雪の鍋敷き

snow-trivet.jpg

とっても古い雪の結晶の模様をした、鍋敷き。
たまに掘り出し物が見つかるセカンド・ハンド・ショップに立ち寄った春先に見つけて、そのときは買おうかどうしようか悩みました。
だってかわいい鍋敷き一つ持ってるからね、一人暮らしに鍋敷き二つも要らないなぁと、思ってしまって。

が、しかし、アンティークとの出会いは一期一会というように、二度と同じものに出会える可能性は、無きに等しいのです。
数週間後に再び訪れたときには、この鍋敷き、無くなってました・・・
無くなると、そのことをいつか忘れてしまうっていうパターンと、いつまでも「あのとき買っときゃよかった!」という後悔をずっと持ち続けるパターンと、ありますね。
私は後者でした。
あーくやしかった、もうくやしくてねぇ!(うるさい)
その後も、無いの分かっててお店に足を運んだもんです。

そしたら、最近立ち寄ったときに、店の奥のカレンダーの後ろに、この鍋敷きが隠れていたんですよ!!!
何で!?
もちろん今回は、すぐに握り締めて放しませんでした。
きっと私のこと待っててくれた、そうでしょう?
ち、違うかね??

小さめのお鍋とか置くと、鍋の端から雪模様のさきっぽが1,2cm出て見えて、かわいいんですよ~♪
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:33:02 ━ Page top ━…‥・

== カナダ生活 ==

ネクタリン

nectarine.jpg

今日のおやつ、ネクタリン。
ネクタリンは火を通してもおいしいので、アップサイドダウン・ケーキやアーモンド生地とのタルトなど、焼き菓子にももってこいです。
どこかで見つけたネクタリン・ジャムも、とってもおいしかった。
おいしいものを見つけるときも、限りなく幸せです。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 13:15:40 ━ Page top ━…‥・

== カナダ生活 ==

渇望

おいしいお寿司が
猛烈に
食べたい
食べたいんだよー!!!

今夜も枕を(ヨダレで)濡らして眠るよ。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:58:25 ━ Page top ━…‥・

== アンティーク雑貨 ==

何語の本?

redbook.jpg

古い本・・・1920年頃のものです。
ジャケ買い。
内容さっぱり分かりません。
というのも、どうもドイツ語っぽいので・・・あれ?ドイツ語は、大学生のときに第二外国語で取ったかな??
「私」はイッヒだったかなぁ???・・・Ich??Iche???
それらしい単語を見つけようと文字の羅列を目で追うも、宇宙文字と変わらないくらいの不可解さ。
でも、だからカッコよく見えるんだよね。
知らないことも時には良しです。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:06:08 ━ Page top ━…‥・

== アンティーク雑貨 ==

アンティーク・キー

keys.jpg

アンティーク・キーって、何本あってもいい!
100本あったら、そりゃぁもう大きなリングに100本付けるかな。
80本くらいにしておいて、あとはこんなキーフックもどきを作って飾ったり、小さな額縁に入れたり、他の雑貨と一緒にしたり、その辺にコロンと置いたり・・・色々できますね。

これカマボコ板じゃないよ、普通の板だけど。
水性のアクリル絵の具で黒く塗って、上からアイボリー色塗って、ところどころ削ってます。
図画工作レベルですが、凝ると面倒になるので、気楽にできるこの程度で良しです!万歳!?
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:59:58 ━ Page top ━…‥・

== ファイヤー・キング ==

ミルクグラスの白マグ6個

mugs.jpg

きれいな状態ならどこの会社のでもあまり気にしないので、色々と集まりました。
プリントやハンドルの形が様々。

上段:左からグラスベイク、ファイヤー・キングのDハンドル、ファイヤー・キングのスタッキング
下段:左からパイレックス、ウェストフィールド、フェデラル

よく見ると、透明感が少し違っていたりします。
分かりやすいのはパイレックスで、他のものより白味が強いです。
そのせいか、割れにくそうな感じ。

自分の食器を割ってしまったことはほとんどなくて、2,3年前に割れたのは、コーニング社(パイレックスのシリーズを出しているところ)のセラミックのお皿でした。
電子レンジで何かを温めて、それをテーブルの上に特に衝撃も与えず置いたら、
「パキン」
と音がしたので、見たらお皿が真っ二つに割れてました。
うーむ、電子レンジで熱しすぎたのか、テーブルが冷えていて急激な温度変化に耐えられなかったのか、謎です。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:33:02 ━ Page top ━…‥・

== カナダ生活 ==

激ミニ・カー

minicar.jpg

激しく小さいミニ・カーです。
指先くらいのサイズ。
MADE IN JAPANと書くスペースもなく、単にJAPANの文字だけ入ってますが、
『N』の真中の線が逆になってて、ロシアの文字『и』みたい。
そんな間違いをする時代って・・・いつ頃でしょうね?
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:59:08 ━ Page top ━…‥・

== カナダ生活 ==

レモンレモンレーモーンー

lemontree.jpg

種まきには少し遅いですが、レモンの中に良さげな種がたくさん入っていたので、土に埋めました。
1週間ほど経って、部屋の中の植物に水をやっていると、いつもと違う緑の香りが。
目をやると、この鉢の中から5つも新しい芽が出ていたのです。
この写真は更に1週間ほど経っているので、だいぶ背が伸びましたが、最初に気がついたときにはまだ1センチくらいしか顔を出していませんでした。

つやつやの透明感のある緑色を見て、ハッと目が覚めたような気持ちになりました。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:41:16 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。