FC2ブログ

== カナダ生活 ==

ロスト・イン・トランズレーション

私の働く小さなフレンチ・ベーカリーのキッチンには、フランスから直輸入された職人さんが二人います。
パン職人の少年であるパン少年(仮名)と、パティシエであるおっさん(仮名)。
彼らの英語レベルは1くらい(100点万点中)。
私のフランス語レベルは0.5くらい(100点万点中)。
ここでコミュニケーション障害が起きるわけです。
goat1.jpg

(画像は本文とは何の関係もないヤギさんです)
私が使うタルト生地はパン少年が作る担当なので、無くなる前に頼まなければいけません。
いつもは、オーナーの奥さんに「パン少年にタルト生地作ってって頼んでください」って頼みます。
ところがこの日は奥さんが早く帰ったため、自分で聞かなくちゃいけなくなりました。
でも、実は3日前にすでに頼んであったので、確認をするだけでよかったはずなんですけど。
私「ねぇ、 パン少年、 タルト、 生地、 作った?」
パン少年「・・・・・トゥモロウ?」
私「・・・・・」
Yes・Noクエスチョンで聞いたのに、予想外の返事が返ってきてしまいました。
ここで私は脳内補足をしなくちゃいけません。
(多分、3日前に奥さんを通してタルト生地を頼まれたことは、週末を挟んですっかりきれいさっぱり忘れたんだろう。それで、私がタルト生地作った?と聞いたとき、半分しか理解していなくて、タルト生地作ってくれ?って聞かれたんだと思って、そして私がいつも前もって頼むことを考慮して、今頼むってことは明日作ればいいってことかな?と思ってトゥモロウ?って聞いた。うん、多分そうだ。でも私は明日タルト生地を使うので、)
私「No。 トゥデイ、 OK?」
パン少年「・・・OK」
多分これで思いは通じた。はず。
goat2.jpg

(画像は本文とは何の関係もない羊さんです)
この時期は、嵐(クリスマス)の前の静けさで、キッチンは割と暇。
奥さんは結構早くにおうちに帰ってしまうことがあります。
ある日ふと気付くと奥さんの姿が無かったので、おっさんに聞いてみました。
私「ねぇ、 おっさん、 奥さんは、 家に、 帰ったの?」
おっさん「う~・・・」
おっさん、う~と言ったと思ったらパン少年の方へ駆けていってしまいました。
おっさんとパン少年二人で戻ってきて、フランス語でずっと話しています。
最初は「ねぇ、あいつが何か奥さんがどーのって言ってるんだけどなんだろうなんだろう」って話し合ってるかと思ってたんだけど、あまりに会話が長いので、多分もう他の話題に移ってしまって、私の質問は忘れたな、と思って、私も自分の仕事を再開しました。
しばらくして、左肩後方に視線を感じたので振り返ると、おっさんとパン少年が無言でこっちを見ていました。(声かけてくれりゃいいのに)。
おっさん&パン少年「イレブン」
私「・・・・・」
これもYes・Noクエスチョンだったのに・・・イレブンと切り返されてしまいました。
っていうかこっちも何の質問したのか忘れるところだったよ。
脳内補足をしてみる。
(おっさんは感がいいので、恐らく質問の意味は理解した、と思っていたのは私の間違いで、多分奥さんはどこに行ったのか、とかいつ戻るか、と聞かれたと思ったんだろう。どこに行ったか、いつ戻るかも知っているが、英語で何と言えばいいのか分からない。よし、パン少年に聞こう。と、パン少年を呼んできたものの、パン少年もどこに行ったという言い方が分からず、二人で何と返答しようか、色々知恵を絞ってみた。でもやっぱりワカンネェな、もう“何時に戻るよ”の“何時”だけ言えばいいかな、そうかな、そうだよね?で、11時は何ていう?イレブン?じゃ、せーの、イレブン)
私「・・・・・あ、ありがとう」

言葉が通じないって、面倒くさいですね~♪

ブログ・ランキングに参加しています。
↓言葉が通じるっていいね♪今日も一クリックお願いします♪
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



┗ Comment:6 ━ Trackback:0 ━ 18:31:47 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old