== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== イギリス旅行記 ==

イギリス旅行その7:ロンドン、教会巡り

7eng-1.jpg
普段は観光客に開放している(と言っても入場料を取る)教会も、日曜は信者のために入場を制限するところもあります。
と言っても、日曜ミサに出席したい意思があれば、受け入れてもらえます。
最初に行ったのは、ウェストミンスター大聖堂、ここは観光地としてはあまり知られていないのですが、ロンドンのダウンタウン内にあり、有名なウェストミンスター寺院からも歩いて10分ほどです。
レンガ作りの建物が素敵。

7eng-2.jpg
ここの教会は、マーブル(大理石)がふんだんに使われていました。
それと対比するかのように、天井は薄暗くてまた雰囲気が違って良かったです。

7eng-3.jpg
と思いきや、両側の天井は金色でした。
ひょっとしたら中央の天井も昔は金色だったのかもしれないですね。
教会の中の絵画やステンドグラスは、キリストの物語を追って描かれていることが多く、それは文字を読めない人が多かった昔の人々にもキリストの人生を語り継いで行かれるように、という大事な目的がありました。

7eng-4.jpg
早々とウェストミンスター大聖堂を後にし、目的のウェストミンスター寺院へ。
(ウェストミンスター寺院は、一般公開している平日でも、教会内の写真撮影は禁止です)
私たちは次の目的地があり途中で抜け出すかもしれない、と言うと、本堂?から少し外れた席へ案内されました。
ミサは、司教さんのお説教、合唱、パイプオルガンの演奏が繰り返されるのですが、合唱の美しさに鳥肌が立ちました!
多分教会の形状のこともあり、声がとてもまとまって聞こえて、普通のコンサートホールで聞くのとまた違うのだと思いますが、こんなに洗練された合唱を私は今まで聞いたことがなかったです。
CDでしか聴いたことのなかった、イギリスの作曲家ウィリアム・バードのミサ曲を、イギリスの教会で聴くことは、叶うとは思わなかった私の夢の一つでした。

7eng-5.jpg
ウェストミンスター寺院のすぐ隣に、ビッグ・ベン(時計)。
ロンドンは観光名所が密集しているので、地図などなくても歩いていれば見えてくる気がします。
ビッグ・ベンがある国会議事堂も、とても立派な建物でした。
デザインが細かい!
修復作業とかも大変なんだろう。

7eng-6.jpg
こちらは別の日に行った、セント・ポール大聖堂、ロイヤル・ファミリーが結婚式を挙げたりするので有名な教会です。
(入場料も高く、しかも教会内での写真撮影は禁止です。)
こちらも合唱がとても有名なので、今度ロンドンに来たときは、日曜ミサに行きたいな。

7eng-7.jpg
この丸いてっぺんがランド・マーク。
ここへは教会内から階段を使って上がることができます。
まず、100段以上登るとドームの付け根あたりに出て、中が回廊になっているのですが、回廊の180度向こう側で囁いた声が届くという、不思議な現象が体験できます。
壁に向かって囁くと、周りに人がいて多少ざわざわしていても、ちゃんと声が聞こえるんです!びっくり。

7eng-8.jpg
さらに100数段上がると(地面からだと合計300段くらい)、展望台に出られます。
(展望台からの撮影はOK)
高所が嫌いな私にとっては拷問ですが、景色は確かに良かったです。
写真は、二つ前の正面の写真を裏から見たところ。
左奥にはテムズ河が流れています。

イギリス旅行記は、そうですね~あと3つくらい続きます!
記事にすると長いですが、行ってたのは正味7日間。
たくさん詰め込みました。
(リラックスできる日が無いという文句が出たのも当然か・・・でもリラックスは家でもできるし。そう思いませんか?)

ランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
┗ Comment:6 ━ Trackback:0 ━ 04:43:16 ━ Page top ━…‥・

== イギリス旅行記 ==

イギリス旅行その6:シャーロック・ホームズ館とマダム・タッソー・ワックス・ミュージアム(ロンドン)

6eng-1.jpg
名探偵シャーロック・ホームズは、ご存知アーサー・コナン・ドイルの小説に出てくる架空の人物ですが、ホームズが住んでいたとされる221Bベーカー・ストリートが実在すると知って以来、ロンドンに訪れることがあったら是非足を運んでみようと思っていました。
チューブ(地下鉄)のベイカー・ストリート駅の名前を見ただけで心弾みます♪

6eng-2.jpg
3階建てだったかな・・・の小さな「シャーロック・ホームズ博物館」には、行列が。
中が狭いので、一度に入れる人数に限りがありました。
入口のガードの人と一緒に、記念撮影ができます。
ホームズの帽子とパイプ、ワトソンの帽子を貸してくれます。

6eng-3.jpg
博物館は、本当に狭いです。
展示は、小説の時代を反映して色々とディスプレイされています。
(とても興味深い展示なのですが・・・入場料が高過ぎ・・・)

6eng-4.jpg
さて、ここは入場料高くてもおもしろかった、マダム・タッソー・ワックス・ミュージアム。
トム・クルーズと親友になった(つもりの)旦那さん。
すごく昔にカナダのワックス・ミュージアムに行ったことあるんですけど、人形たちはすべて展示だけで、ロープが張られていて、触ることができませんでした。
ここでは、自由に触れるし、こうやって肩を組んで撮影したりと楽しめます。
ここからは少々おバカな写真でお送りします。

6eng-5.jpg
私、ジョニー・デップと付き合ってます。
って言ってみてぇ~。

6eng-6.jpg
今でも時々笑い話になるのですが、私の両親が「○○(旦那)はレオナルド・ディカプリオに似てる!」と言って大笑いしたことがあり・・・(あまりにも似てないので)
あーそう言われてみればひげの伸び具合がそっくり?
それとも耳の形かな?

6eng-7.jpg
私はスティーブン・スピルバーグに映画を撮る極意を教えておきました。
スピルバーグが少々イラっとした表情なのは否めません。

6eng-8.jpg
タイガー・ウッズには、ここの芝は癖があるからよく目をこらせ、とアドバイスを。
こくり、と頷いたような気がします。

6eng-10.jpg
見て、腕の角度が完璧にマイケルでしょう。
マイケルのダミーになれたかも。
この辺の写真を見て義理の母は「あら、ジーンズ破れてるわね。新しいのが必要ねぇ」って、まぁやぶれてますけど、ちゃんと当て布して履けてますから御心配なく~。
って見るとこ、そこ?

6eng-11.jpg
ハルクに捕まった旦那さん。
「た、助けてぇ~~!」
こんな感じで、ワックス人形と遊びながら撮影できるので、と~っても楽しかったです!
イギリスじゃなくてもいいわけだけど。

ランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
┗ Comment:6 ━ Trackback:0 ━ 23:57:26 ━ Page top ━…‥・

== イギリス旅行記 ==

イギリス旅行その5:ポートベロ・マーケット(ロンドン)

5-eng-1.jpg
サウス・ハンプトン(イギリスの南部の一番南くらい)から長距離バスで2時間、ロンドンへやってきました。
虫の触角みたいなのが付いたバス、かわいいね。
そういえば、カナダの英語に慣れていた私は、イギリスに着いたとたんに聞こえてくる英語がイギリス英語で、
「みんなしゃべり方が変だね」
なんて失礼なこと言ったんです。
イギリスでは私の方がなまりの強いよそ者なのにね。
イギリスなまりとはいえ英語ですから、ロンドンに来るころには耳もだいぶ慣れていました。

5-eng2.jpg
ホテルに荷物を置いてからまず向かったのは、憧れのポートベロ・マーケット!
土曜は特に出店が多いので、ものすごい人の数でごった返します。
ポートベロ・マーケットは大きなアンティーク・マーケットとして世界的にも有名なので、とっても楽しみにしていました。
でもアンティーキングどころではなかった・・・人を避けながら、旦那さんを見失わないように、そしてアンティークに目を凝らし、すられないよう鞄をしっかり握りしめて。
お買いものしましたけど、仕入れは無理でした。

5-eng3.jpg
たくさんのプリンター・ブロック。
こういうところだと選び放題ですけど、値段が高かったので辞めました。
この写真を見た旦那さんは「何でこんな写真撮ったの?」って言ってた・・・え、だってアンティーク・・・え?萌えないもん?

5-eng4.jpg
私が一番興奮したのは、ここ!
プリンター・トレイをたくさん売ってる路上のお店♪
ここ1軒でしかプリンター・トレーは見かけませんでした。
4マス程度の小さなトレーやら、中くらいの大きさのやら、たっくさん。
ちょっとだけ時間をかけて、2つ購入。

5-eng5.jpg
小さなブースがたくさん入った建物が、たっくさん。
カメラ専門ブース!かっこいい~~!!!
収集家の方はそれぞれの価値を知っているので、やはりお値段はそれ相応に。

5-eng6.jpg
シャンデリア、シャンデリア~!!
素敵ぃぃぃ~~~!!!
イギリスに住んでたらなぁ、買ったかもなぁ。

5-eng7.jpg
家具も欲しいものがたっくさんありました。
イギリスに住んでたら・・・ごにょごにょ。
ポートベロ・マーケットのアンティークの半分以上は銀食器だったように思います。
銀食器が好きだったら本当にたまらないマーケットだな、ここは。
私たちは時間がなくてだいぶ駆け足したと思いますが、それでも丸3時間はここで過ごし、しかもマーケットの3分の1しか見ていなかったという。
アンティークのお店が立ち並ぶブロックの後には、食料品を売るブロック、セカンド・ハンド物を売るブロック(ここもちょっと見てみたかったかも)、新しいものを売るブロック、とあります。
丸一日予定して行けばよかったな。
また今度イギリス来たときに・・・きっと。

ランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 12:21:44 ━ Page top ━…‥・

== イギリス旅行記 ==

イギリス旅行その4:バス

4eng-1.jpg
バス(Bath)という町の名前は、ローマ人が2000年前に建てたこのお風呂施設が由来です。
2000年前、イギリスのこの地に天然の温泉、しかも加水せずとも適温なお湯を発見し、これは神からの授かりものだと、立派なお風呂リゾート施設を建てました。
写真の、柱部分から上は発見後に再築された部分ですが、お風呂自体は2000年前にローマ人が作ったお風呂そのもの。
ここは博物館になっていて、ローマ人が歩いた石の床を歩き、お風呂の縁に座ることもできますが、水を触ることは禁止されています。

4eng-2.jpg
隣の部屋のお風呂。
他に、サウナ部屋やマッサージ部屋などもあり、まさにスパ・リゾート。

4eng-3.jpg
お風呂リゾートの入り口にあったシンボル(バス・ストーンと呼ばれるこの地で取れる石を彫ってある)。
館内にはこういう本物の遺跡が展示されているんですが、触れちゃうんですよ・・・いいのかなと思いつつ、触っておきました。
ありがたやありがたや。

4eng-7.jpg
レンガがたくさん積み重なってる場所・・・右手にかまどがあります。
レンガの上に石などで床を張って、床下を温めた・・・何と床暖房!
ローマ人ってすごいなぁ。

4eng-8.jpg
すぐ隣にあるバス寺院(教会)。
教会どれも同じに見えてきた?(笑)
いえいえ、一つ一つ外も中も違うところはたくさんあります。
このバス寺院は、大きなガラス窓の両脇にある柱がはしごのデザインになっていて、天使たちが登り降りしているんです。
(天使って飛べるんだとばかり思っていましたが、違うんですかね~)

4eng-9.jpg
ここの教会も素敵でした。
イギリスにまた行くことがあったら、教会巡りしたいなぁ。
って言っても、この旅で7つもの教会を見学したんですけどね。

4eng-10.jpg
教会がこんなにも美しいのは、神の力が偉大であることを示したかったからだ、と教会職員の方がおっしゃっていました。
どこを取っても繊密なデザインと技巧、人の手で作られたとは思えないような物ばかりで、確かにある種の力を感じることができます。
宗教に無頓着な私のような人の視点からだと、それは神の力というより、神を信じる人々の力、その信念深さのタマモノ、だと思います。
神を信じていない、という意見ではありませんよ。
人間の力ってすごいなって単純に思ったんです。

4eng-11.jpg
バスで宿泊したB&Bで食べた、イングリッシュ・ブレックファーストはとってもおいしかったです♪
イギリスのベーコンは肩肉で作られるので、脂身が少ないです。
(でも塩気は強かった。)
ソーセージはローズマリーなどのハーブが効いててすごくおいしかった!
トマトは半分に切ってフライパンで焼いてあります。
豆が付くのがおもしろい。
これに、トーストも付いてきます。
右下のはマッシュルームが丸いまま焼いてあるんだけど、これはひょっとしたら缶づめマッシュルームかなぁ。

バスでは、本当はアンティーク・ショップ巡りをしたかったのですが、思った以上に色んなことに時間が取られ、ローマン・バスと教会へ駆け足で行くだけで精いっぱいでした。
悔しい!今度イギリスに行くときに、絶対リベンジしたいです。
さて、次回からはやっとロンドン市内へ~~。
イギリス旅行記まだまだ続くよ~。
気軽に感想残してくださいね。
って毎回記事が長過ぎて疲れちゃう?

ランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 09:37:32 ━ Page top ━…‥・

== イギリス旅行記 ==

イギリス旅行その3:ストーン・サークル

3eng-1.jpg
巨大な石が円系に並べられている遺跡、ストーンヘンジへ。
ストーンヘンジの遺跡は、たたっぴろい牧草地みたいなところを走っていると勝手に見えてきます。

3eng-2.jpg
とはいえ、入場門から入ると(有料)、ストーンヘンジの周りにはロープが張ってあって、あまり近くまで行けません。
何年か前までは、ロープなんて張ってなくって、自由に歩き回って石を触ったりもできたんですよね。
悲しいことにいたずらなどをする人がいるらしく、ロープで規制となったわけです。
それでも意味深げに立ち並ぶ巨大な石を目の前にすると、神秘的な気持ちになります。

3eng-3.jpg
ストーンヘンジの反対側を見ると、羊たちがわらわらとしていました。
写真の左側、遠くの方にぽつんぽつんと居るのが羊たち。
のどか~♪

3eng-4.jpg
ストーンヘンジからだと車で多分1時間くらいの、アベブリー・ストーン・サークルへ。
ストーンヘンジと同じような時期におそらく同じような目的で作られた、ストーン・サークルです。
円系がとても大きくて、上空からでないと全体像は見えません。
ストーンヘンジのように巨大な石の上に巨大な石が乗っている、というような派手さもないため、そこまで有名ではありませんが、だからこそでしょう、こちらではロープでの規制などないし、石にどうぞ触ってね、でも石を削ったり登ったりとかはしないでね、という呼びかけがありました。

3eng-9.jpg
石から石へと歩き、周りの景色も楽しみながら45分くらいかけて散歩をする、という気分でアベブリー・ストーン・サークルを楽しみました。
時に石を見上げたり、触ったり、苔や何かが生えているのを見つけたり、石にハグしたり。

3eng5.jpg
石によりかかる熊を見つけたり・・・あ、違った旦那っちだった。
石にテレパシー送信中、らしい。

3eng-6.jpg
途中に不思議な木。
根っこが露出してるんですけど、木の形といいとても存在感があって、これまた神秘的でした。

3eng-7.jpg
その木の辺りから続く小道は、とっても白いのです。
ここの土質はチョーク。
黒板に字を書くあのチョークです。

3eng-8.jpg
小道に転がっている白い塊で字を書いてみたら、ちゃんと書けました。
ほんとうにチョークだ~。
ストーンヘンジもインパクトが大きくて良かったですけど、アベブリー・ストーン・サークルでの散歩の方が景色に変化があって楽しかったのと、人が少なくみんながのんびりペースで歩けたので、個人的にはアベブリーのが気に入りました。
車で色々と連れてってくれた現地の友達は、「これもそれもただの石」と全然興味なさそうでしたけど(笑)

3eng-10.jpg
近くにあった小さなカフェは、アベブリー・ストーン・サークルへ来た人たちでごった返し。
(寒くて外に誰もいませんが、中は満席で、みんなが相席していました。空いたところにどんどん座る。友達が隣のテーブルだろうと、遠くのテーブルだろうと)
ご飯おいしかったです♪

ランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
┗ Comment:2 ━ Trackback:0 ━ 13:28:20 ━ Page top ━…‥・

==  ==

クリスマス・ローズが咲いた♪

xro1.jpg
イギリス旅行記まだまだ続きますが、ちょっと一休みで、うちの庭に咲いたお花たちを紹介します。
今年は春の訪れが遅いみたいで、4月半ばになってもまだ気温は2~12度くらいをいったりきたり。
ホスタもまだ地面から新芽が1センチくらい出てきただけだし、まだまだ寒々しい庭の中で、一株だけあるクリスマス・ローズは咲き乱れています♪
お花は全部下向いてるけどね(笑)
クリスマス・ローズだから仕方がないか。

xro2.jpg
別の花壇でチューリップが咲き始めました。
って、今気がついたけどクリスマス・ローズと同じ色だな・・・ちょっと失敗。
この色好きだけど。

xro3.jpg
ハーブのガーデン・ボックスでは、レモン・バームとフィーバーフューがたくさんの新芽を出していて生命力あふれます。

xro4.jpg
3月に植えたパンジーが一番元気に花をつけています。
どんどん摘み取って、長く楽しもう。
何かを植えるにはまだまだ寒いので、しばらくは新芽の観察を地味に楽しもうと思います。

ランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
┗ Comment:2 ━ Trackback:0 ━ 00:32:24 ━ Page top ━…‥・

== イギリス旅行記 ==

イギリス旅行その2:コッツウォールズの村巡り

2eng-1.jpg
コッツウォールズ地方の村を1日かけて巡るという小さなバス・ツアーに参加しました。
この地方は、何百年も前の建物がそのまま保存された村が多く点在し、時の流れが止まっているような、おとぎの国にでも足を踏み入れたような、現代の日常からするとまるで異世界なのですが、ロンドンからはたったの2時間ほどで来られる場所とあって、有名人も数多く住んでいます。

2eng-2.jpg
写真右に写っている、ガゼボのような建物は、“マーケット(市場)”。
各村の一番中心の交差点のど真ん中に、壁の無い建物があって、そこでは野菜やお肉が売られていました。
映画の撮影に使われたときは、アスファルトの上に砂を敷き詰めたんだそうです。

2eng-3.jpg
この村の教会はこの日は残念ながら見学できませんでした。
村人はほとんど見かけず、うろついているのは観光客ばかり(笑)

2eng-4.jpg
別の村の教会は、開いていました。
この教会も、村々の家たちも、このコッツウォールズ地方の石で建てられています。
クリーム色に少しオレンジがかったようなのが特徴。

2eng-5.jpg
ウィンチェスターや他の有名な教会と比べると小さい、村の教会。
とはいえ、天井高く、ステンド・グラスからの光と、静けさを増すような石造り、繊細な彫刻の数々で、教会の威厳さを感じます。

2eng-6.jpg
小川の流れるそばに立ち並ぶ、石造りの家。
今でも人々が住んでいるなんて、考えられない。
ここで暮らすってどんなことだろう?

2eng-7.jpg
塀は、石を丁寧に積み重ねただけで作られています。
だから、ところどころ塀の向こう側に生えている植物が、石の合間から飛び出ていたりします。
このおうちは、煙突に登りやすいように煙突横に階段が付いていますね、かわいい。

2eng-8.jpg
村から村へと走るバスから外を見ると、ただっぴろい畑のところどころに木の群生があって、それがとても絵になる景色でした。
カナダにもこういう風景はあるな~~でもどこか新鮮。

2eng-9.jpg
泊まったB&Bは、バス・ツアーが発着した“バス”という町。
この“バス”はBath、お風呂のことです。
B&Bの建物も古い家を改築してあって、狭いけれども手入れが行き届いていて気持ち良かったです。

2eng-10.jpg
壁の一面だけ壁紙が貼ってありました。
(上の写真では、ベッドの反対側、絵がかかっている壁)
壁紙ってごちゃごちゃしそうなイメージだったんですけど、薄いゴールドの上品なパターンは部屋を贅沢に見せてくれていいですね。

ランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
┗ Comment:2 ━ Trackback:0 ━ 13:02:14 ━ Page top ━…‥・

== イギリス旅行記 ==

イギリス旅行その1:ウィンチェスター

eng6.jpg
こんにちは~!元気ですか~!私は元気です!!
いきなり始まります、イギリス旅行記です。
1年前のメルマガにはチラリと書いたと思うのですが、ちょうど1年前の4月に、イギリスへ新婚旅行に行く予定にしていたのですが、色々な事情が重なり直前になってキャンセルせざるを得ず。
1年経ってやっと実現できました。
まず行ったのは、ロンドンより南に位置するウィンチェスター。
昔イギリスの首都となった町ですが、今ではそれほど大きな町ではないようです。
イギリスはとにかく建物が古く、右を向いても左を向いても古い建物ばかり。
レンガや石作りの建物ばかり、そして近年に建てられる家も、場所によっては町に馴染むようレンガ壁にする決まりがあるそうです。

eng4.jpg
ウィンチェスター大聖堂。
友達が車でウィンチェスターまで連れてってくれる途中、あちらこちらに古くて素敵な教会があり、私が
「あ!これがウィンチェスター大聖堂?」
と聞くと返ってきた答えは
「いや、それはただの教会」
でした。
私にはウィンチェスター大聖堂と同じくらい素敵な外観に見えましたが、イギリスにはそんな建物が日常生活の風景にあるんだな。

eng1.jpg
旅行の後半にはロンドン市内の有名な教会へ行ったのですが、そこでは教会内の写真撮影は禁止でした。
ウィンチェスター大聖堂は写真撮影全然オッケー、見学料も安く、丁寧に説明をしてくれる係員さんもいて、とても良かったです。

eng2.jpg
教会の外も中も、装飾がすごい!
これ彫刻なんですよ。
目の位置ずれて不細工になっちゃったーとかって失敗したら、一からやり直し?たまんないねぇ、なんて旦那さんと言ってたりして・・・
どこに目を向けても圧倒する繊細な装飾ばかりでした。
派手、とは違うんですけど、とにかく美しくて圧倒です。

eng3.jpg
教会内に入ったとき、ちょうどパイプ・オルガンを演奏していました。
高い天井の教会内に響き渡るオルガンの音色を体感し、残響もまた美しく、涙が出そうになるほど感動しました。
教会でパイプ・オルガンの演奏を聴くことは、長年の夢でした。

eng5.jpg
教会に併設されているカフェにて。
見学料を払ったときにコーヒーか紅茶1杯が無料になる券をもらったので、ちょっと一息しました。
ウィンチェスター大聖堂のロゴが入ったカップ、かわいいな。
コーヒーも、添えてある小さなクッキーもとてもおいしかったです。

eng7.jpg
ウィンチェスター市内の別の建物には、13世紀に作られた「キング・アーサーのラウンド・テーブル」が展示されていました。(奥の壁に掲げられている、丸い大きなテーブル。)
このテーブルは、キングとナイトが話し合いをするときに平等に意見が言えるよう、テーブルを丸くしてお互いの距離を均等にした、というものです。
テーブルの縁には、ナイトの名前が書かれています。
eng8.jpg
パスティと呼ばれるイギリスのミート・パイ。
お肉とジャガイモが入っていてとてもおいしかったです。
イギリスの食事はおいしくないというのはもう昔話のようで、旅行の間食べたものはほとんどどれもおいしかったです。

旅行記、すぐにはアップできないと思いますが、まだまだ続きます~。

ランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 07:57:03 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。