FC2ブログ

== アンティーク雑貨 ==

瓶の中の洗い方

アンティークのガラスの瓶は、土から掘り返されたものも多いので、汚れているものが多々あります。
汚れもアンティークの醍醐味、という人もいれば、できればきれいにして飾りたい、という人も。
私はきれいにして飾りたい方です。
そんな人に、お金をかけず瓶の中の汚れを取る裏技を1つ紹介します。
と偉そうに言っても、効果のほどは汚れの種類にもよるのですが。
しかもとっくに知っていたらごめんなさい。

細いブラシを突っ込んでごしごしやっても届かない部分がありますね。
例えば首の付け根の肩が広いものは、ブラシが直角に曲がり、それでいてある程度こすれなくては汚れは落ちません。
そんな瓶に、この方法は最適です。

bottle-kist1.jpg

↑汚い瓶がこれ一本しか残っていませんでした・・・なで肩な瓶ですみません。
これは外側に落ちない汚れがたくさんあるので、あえて内側をきれいにしようと思わなかった瓶です。
濃い緑色の瓶とあって、どうせ中まであまり見えないし。

bottle-kist2.jpg

↑口の内側が、こんなに汚いです。
これくらい手前ならブラシでごしごしできますが、今日は裏技の方法でやります。

bottle-kist3.jpg

↑瓶の中にあらかじめ水をたっぷり張って、汚れを柔らかくしておきます。
それから用意するものは“卵の殻”です。
朝食の卵焼きで出た殻を残しておきます。1個で十分。
殻を、手で細かく割ります。3~5ミリの小ささがいいです。
大きかったり、内膜でくっついたままだと、出すときにちょっと面倒です。
それを空の瓶の中に入れ、水も大さじ2~3入れます。
瓶の口を手のひらで押さえるか栓があるなら栓をして、しゃかしゃか振ります。
縦横斜め、色んな方向に、たくさん振ります。
これで汚れが落ちま~す。

bottle-kist4.jpg

↑落ちたとは言いがたい状態ですが・・・面倒だったのであまり振ってません。
最初よりは、だいぶ落ちていると思いますが。
私はこの方法で瓶の中を洗ってきましたが、傷が付いたことはありません。
でも大事なアンティーク瓶にやって傷がついた、という苦情は受け付けません。
勝手ですみません。
スポンサーサイト



┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:21:56 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://ackack.blog58.fc2.com/tb.php/41-1b5b944c
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next