FC2ブログ

== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== イギリス旅行記 ==

イギリス旅行その1:ウィンチェスター

eng6.jpg
こんにちは~!元気ですか~!私は元気です!!
いきなり始まります、イギリス旅行記です。
1年前のメルマガにはチラリと書いたと思うのですが、ちょうど1年前の4月に、イギリスへ新婚旅行に行く予定にしていたのですが、色々な事情が重なり直前になってキャンセルせざるを得ず。
1年経ってやっと実現できました。
まず行ったのは、ロンドンより南に位置するウィンチェスター。
昔イギリスの首都となった町ですが、今ではそれほど大きな町ではないようです。
イギリスはとにかく建物が古く、右を向いても左を向いても古い建物ばかり。
レンガや石作りの建物ばかり、そして近年に建てられる家も、場所によっては町に馴染むようレンガ壁にする決まりがあるそうです。

eng4.jpg
ウィンチェスター大聖堂。
友達が車でウィンチェスターまで連れてってくれる途中、あちらこちらに古くて素敵な教会があり、私が
「あ!これがウィンチェスター大聖堂?」
と聞くと返ってきた答えは
「いや、それはただの教会」
でした。
私にはウィンチェスター大聖堂と同じくらい素敵な外観に見えましたが、イギリスにはそんな建物が日常生活の風景にあるんだな。

eng1.jpg
旅行の後半にはロンドン市内の有名な教会へ行ったのですが、そこでは教会内の写真撮影は禁止でした。
ウィンチェスター大聖堂は写真撮影全然オッケー、見学料も安く、丁寧に説明をしてくれる係員さんもいて、とても良かったです。

eng2.jpg
教会の外も中も、装飾がすごい!
これ彫刻なんですよ。
目の位置ずれて不細工になっちゃったーとかって失敗したら、一からやり直し?たまんないねぇ、なんて旦那さんと言ってたりして・・・
どこに目を向けても圧倒する繊細な装飾ばかりでした。
派手、とは違うんですけど、とにかく美しくて圧倒です。

eng3.jpg
教会内に入ったとき、ちょうどパイプ・オルガンを演奏していました。
高い天井の教会内に響き渡るオルガンの音色を体感し、残響もまた美しく、涙が出そうになるほど感動しました。
教会でパイプ・オルガンの演奏を聴くことは、長年の夢でした。

eng5.jpg
教会に併設されているカフェにて。
見学料を払ったときにコーヒーか紅茶1杯が無料になる券をもらったので、ちょっと一息しました。
ウィンチェスター大聖堂のロゴが入ったカップ、かわいいな。
コーヒーも、添えてある小さなクッキーもとてもおいしかったです。

eng7.jpg
ウィンチェスター市内の別の建物には、13世紀に作られた「キング・アーサーのラウンド・テーブル」が展示されていました。(奥の壁に掲げられている、丸い大きなテーブル。)
このテーブルは、キングとナイトが話し合いをするときに平等に意見が言えるよう、テーブルを丸くしてお互いの距離を均等にした、というものです。
テーブルの縁には、ナイトの名前が書かれています。
eng8.jpg
パスティと呼ばれるイギリスのミート・パイ。
お肉とジャガイモが入っていてとてもおいしかったです。
イギリスの食事はおいしくないというのはもう昔話のようで、旅行の間食べたものはほとんどどれもおいしかったです。

旅行記、すぐにはアップできないと思いますが、まだまだ続きます~。

ランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 07:57:03 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://ackack.blog58.fc2.com/tb.php/831-e97c3b4b
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。