== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== イギリス旅行記 ==

イギリス旅行その6:シャーロック・ホームズ館とマダム・タッソー・ワックス・ミュージアム(ロンドン)

6eng-1.jpg
名探偵シャーロック・ホームズは、ご存知アーサー・コナン・ドイルの小説に出てくる架空の人物ですが、ホームズが住んでいたとされる221Bベーカー・ストリートが実在すると知って以来、ロンドンに訪れることがあったら是非足を運んでみようと思っていました。
チューブ(地下鉄)のベイカー・ストリート駅の名前を見ただけで心弾みます♪

6eng-2.jpg
3階建てだったかな・・・の小さな「シャーロック・ホームズ博物館」には、行列が。
中が狭いので、一度に入れる人数に限りがありました。
入口のガードの人と一緒に、記念撮影ができます。
ホームズの帽子とパイプ、ワトソンの帽子を貸してくれます。

6eng-3.jpg
博物館は、本当に狭いです。
展示は、小説の時代を反映して色々とディスプレイされています。
(とても興味深い展示なのですが・・・入場料が高過ぎ・・・)

6eng-4.jpg
さて、ここは入場料高くてもおもしろかった、マダム・タッソー・ワックス・ミュージアム。
トム・クルーズと親友になった(つもりの)旦那さん。
すごく昔にカナダのワックス・ミュージアムに行ったことあるんですけど、人形たちはすべて展示だけで、ロープが張られていて、触ることができませんでした。
ここでは、自由に触れるし、こうやって肩を組んで撮影したりと楽しめます。
ここからは少々おバカな写真でお送りします。

6eng-5.jpg
私、ジョニー・デップと付き合ってます。
って言ってみてぇ~。

6eng-6.jpg
今でも時々笑い話になるのですが、私の両親が「○○(旦那)はレオナルド・ディカプリオに似てる!」と言って大笑いしたことがあり・・・(あまりにも似てないので)
あーそう言われてみればひげの伸び具合がそっくり?
それとも耳の形かな?

6eng-7.jpg
私はスティーブン・スピルバーグに映画を撮る極意を教えておきました。
スピルバーグが少々イラっとした表情なのは否めません。

6eng-8.jpg
タイガー・ウッズには、ここの芝は癖があるからよく目をこらせ、とアドバイスを。
こくり、と頷いたような気がします。

6eng-10.jpg
見て、腕の角度が完璧にマイケルでしょう。
マイケルのダミーになれたかも。
この辺の写真を見て義理の母は「あら、ジーンズ破れてるわね。新しいのが必要ねぇ」って、まぁやぶれてますけど、ちゃんと当て布して履けてますから御心配なく~。
って見るとこ、そこ?

6eng-11.jpg
ハルクに捕まった旦那さん。
「た、助けてぇ~~!」
こんな感じで、ワックス人形と遊びながら撮影できるので、と~っても楽しかったです!
イギリスじゃなくてもいいわけだけど。

ランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
┗ Comment:6 ━ Trackback:0 ━ 23:57:26 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

→Pナッツさんへ
楽しんでもらえてうれしいです~!
ディカプリオと似てますか!?本当~??(笑)
背の高さでしょうか・・・
ゴルフされるんですか?私はしませんけど、「芝を読め」なんて偉そうなことだけは言えます!
No title
AKIさんの説明と行動が面白いです。リアルな蝋人形、ディカプリオとご主人様似てるような?!タイガーウッズへの忠告を私にも囁いてもらえたら、上達しそうです。
→KOMATSUさんへ
ワックス・ミュージアムでは、なりきって撮ってる人が多かったです。
私が「旅行の写真はつん立ちだけじゃつまらない。おもしろいことやらなきゃ!」と言ったら、旦那は「写真でおかしなポーズをするのは、日本人だけだよ~」なんて言っていましたが、ワックス・ミュージアムではノリノリでやってましたね。

私たちもまだまだ行きたいところはたくさんあるのですが、
「老後にも時間があるんだから、そのうち行けるよ」と言っています。
ドイツも行ってみたいです!
→にゃにゃさんへ
にゃにゃさん、イギリス(バース)に行ったことあるんですね!
私たちは時間が無くなってしまったので、ローマン・バス博物館と隣の教会だけしか見られなかったのですが、ショッピングしたり散策したりも楽しそうな町ですよね。
私はアンティーク・ショップを1軒も覗けなかったのが、非常に残念です。

イギリス、どこを向いてもアンティークの物が馴染む街並みで、こういう場所に住みたいな~と憧れが強くなりました。
いつかまた訪れたい!
No title
素敵な街並み・世界遺産・ローマ人の温泉リゾート・アンティークマーケットに続く今回のワックスミュージアム。

なりきりAKIさん夫婦 笑えます☆
日本のも触れない所が多いんではないでしょうか?
添えられたコメントにいちいちウケてしまいました~

いや~ 楽しそう~
私たちはいつ行けるんでしょうか。
新婚旅行で行ったドイツにもう一度連れて行ってとお願いしてるのですが なかなか叶いそうもありません…
No title
うわぁ~~~~~
いいなぁ~~~~

久しぶりに伺ったら、すごいことに。
じっくり、写真拝見させていただきました。
マイケルJのところでは、失礼。笑っちゃいました。

バース、私も行ったことあるのですが、
地下があんなことになっていたとは
知らなかった。
教会も知らなかった。
(何を見てきたんだか。。)

ホームズの博物館は、映画を思い出しました。
もちろん、アンティークも最高に
見ごたえある国ですよね。

とにかく鼻息荒く、羨ましいなぁ~





        
 

== Trackback ==

http://ackack.blog58.fc2.com/tb.php/837-46d0f976
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。